京都:「平安神宮」広がりのある風景

2011年2月、平安神宮に行きました。
■平安神宮
・1895年(明治28):平安遷都1100年を記念して創建
・応天門と大極殿:平安京大内裏朝堂院にあった原型を8分の5に縮小して復元
・桜、カキツバタ、花菖蒲:春になると咲き誇る
・時代祭:10月22日に行われる京都の三大祭りの一つ。昔の京都を想起させる。
平安神宮とは
IMG_3590_1.jpg
入口にて
IMG_3597_1(e6b0b4e5bda9)_1.jpg


広い境内
IMG_3600_1.jpg
広がりのある境内は爽快な気分にさせてくれます。
IMG_3612_1.jpg
EOS Kiss X3: EF-S 18-55mm F3.5-5.6 IS
平安神宮に行くため下車したバス停付近で、学校の制服を着た小学生男子が走って向かってきました。
台湾人の友人らはすぐさま彼を止め、一緒に写真撮影を希望。私が撮ってあげました。
小学生は嫌がる様子もなく慣れた様子でカメラの前に立つ。誰もがデジカメを持つ時代。最近の子供たちは撮られることに慣れているんでしょうね。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする

コメント comment

  1. ジル より:

    ec6a6536ca304edf844d1d248a4f08dc
    こんにちは。
    京都の旅を満喫されたようでうらやましい限りです。京都も私の大好きな場所です。ファンになって十数年、一度も行ったことがありません。笑
    京都は一週間とか二週間を掛けてゆっくり歩きたいから!ずっと我慢して行きませんでした。
    ところで、しゅうさんはどんなソフトを使ってるですか?写真をイラスト風にするソフトですか?すごく面白いので、ぜひ教えてもらえたらうれしい♪

  2. yamato より:

    74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんにちは。
    意外ですね。京都は外国人が一番最初に行く日本だと思っていたので。
    でも、1~2週間かけてゆっくり・・・は賛成です。
    私は丸2日間歩きましたが、ぜんぜん足りなかった~
    結局、少し離れたところにある嵐山や平等院には行けませんでした。
    写真をどうやって変換したか、みんなにも紹介するため、記事にしましたよ。
    http://japantaiwan2010.blog134.fc2.com/blog-entry-409.html
    写真を絵に変換すると、絵の左上と右下にCASIOの文字が入ります。それはcanonのDigital Photo Professionalというソフトを使って消しました。デジイチKissX3を買ったときに付いてきたソフトです。
    きれいな絵ができたらジルさんもブログで見せてね~^^

スポンサーリンク
スポンサードリンク