台湾の天祥温泉。行き方、泉質

台湾人の友人と、台北にある地元色の強い天祥温泉に行ってきました。
いいお湯でした。
行き方がちょっと分かりづらかったので、備忘録。

天祥温泉

正式名称は天祥温泉餐廳
行義路温泉郷の中にある温泉の一つです。

住所:台北市北投区行義路260巷15号
電話:(02)2871-1128
営業時間:朝5時~深夜1時半
料金:個室風呂100元、大浴場70元
(食事をすれば入浴料は無料)
水着:着用不可

行路温泉の地図

この一体にはたくさん温泉があります。

行き方

天祥温泉への行き方はいろいろあります。

MRT石牌駅からバス

MRT石牌駅(捷運石牌站)まで行き、すぐ近くにあるバス停を見つけましょう。
508番、536番のどれかに乗り「行義路三」で下車。

マイクロバスですが、悠遊カードも使えます。
一応、運転手に「行義路三」と書いた紙を見せて確認してから乗ると安心です。

石牌駅近くのバス停。ここで乗る

天祥温泉への行き方。石牌駅にあるバス停。

バス停「行義路三」。ここで降りる。

バス停,行路三

MRT士林駅からバス

612番のバスに乗り「行義路三」で下車。

北投方面からタクシー

北投方面から行きたい場合はタクシーが便利です。
というか、上記のMRT駅からタクシーでもOKです。

バスを降りると、大きな看板「天祥温泉」が目に入ります。

天祥温泉,看板

雰囲気

バスを降りてから浴場に行くまで、約300段の階段を降ります。
そこは森林に包まれていて雰囲気がいいので、ゆったり歩きました。

天祥温泉,途中の階段

木造の建物も温かみがあります。

天祥温泉,外観

カウンター
大衆池に入りました。池ではなく、ちゃんとしたお風呂なのでご安心くださいw

天祥温泉,カウンター

浴場、泉質

本日の温泉の温度:40度~45度
PH値:2~4 酸性青白
管理者:張雅玲さん

天祥温泉,温度と泉質

(この5度の水温差ってけっこう大きいよなあ)と苦笑w

浴場への入口。新しい世界が見れそうでワクワクしました。

天祥温泉,浴場入口

中に入ると、脱衣所と浴室が一体になっている広い空間がありました。
入口からは予想できないほど明るくてきれいでした。

半露天というか、ベランダみたいになっていて開放的です。
地元色が強く、台湾語が飛び交っています。

泉質ほどよい酸性。
けっこう熱めだったので、休憩と入浴を繰り返しました。
休憩できる場所が川に面しているので、風景を楽しみながら風で体を冷やすことができます。

また行きたい、と思わせられるよい温泉。オススメです。

→ 台湾の陽明山、無料の温泉

→ 太魯閣、秘密の温泉に誘われる

→ 瀧乃湯はいろんな意味でアツイ

以上、2013年7月上旬のレポートでした。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク