毛嚢炎の薬。ナジフロクリームとドルマイシン軟膏の効果

先日、皮膚に小さなニキビのようなものが複数出てきたのですが、
(そのうち治るだろう)
と思い、1カ月以上放置していました。

しかし、いっこうに治る気配なし。
一部は治っても他の部分に出てきたりします。
(もしかしてやばい皮膚病?)
不安になってネットで調べたら「毛嚢炎(もうのうえん)」という症状に当てはまります。
そんなに深刻な病気ではなさそうでひと安心。
私の治療までの流れをシェアします。

毛嚢炎とは

毛嚢炎(もうのうえん)とは、細菌感染症の一種。古くは疔(ちょう)とも呼ばれてきたが、現代医療現場では毛嚢炎と呼ぶのが一般的である。

出典:Wikipedia

毛嚢炎の症状、原因

私の症状ですが、皮膚が赤くなったり白いニキビのようなものが出ていました。
ちょっとだけかゆみもあります。

毛嚢炎の原因ですが、ネットには主に3つ書いてありました。

  1. 不衛生
  2. ストレス
  3. 運動不足

1は当てはまりません。毎日入浴し、洗濯もしているので。
2はちょっとあるかもしれません。
3は当てはまります。冬はジョギングしませんし、春になっても花粉症なので外には出ないようにしていました。

毛嚢炎の治療

ドルマイシン軟膏の効果

病院に行くのがめんどうなので、市販薬で治そうと思い薬局で「ドルマイシン軟膏」を購入。
これも、事前にネットで調べた薬です。
一日二回(入浴後と起床後)皮膚に塗りました。
半透明でベトベトしている薬なので、塗った後に指に残ってしまいます。

効果は、結論から言うと、ダメでした。
一週間以上使用しても効果が出ません。
治るどころか、かゆみが増してしまい辛かったので「ムヒ」を使ってごまかしました。

ナジフロクリームの効果

市販の薬を使うのが怖くなり、しぶしぶ近所の皮膚科へ行きました。
お医者さんに患部を見せて症状を説明すると、
「毛嚢炎ですね」
との診察結果でした。
「かゆみはありますか」
「市販の薬を使ったら、かゆくなりました」
「では、薬を2種類だしておきますので、それで様子を見てみてください」

診察時間は2分くらい。
診察料金、約1000円
薬代金、約500円
・ニキビの薬「ナジフロクリーム」1本
・痒み止め「グリメサゾン軟膏」1本

ナジフロクリームという塗り薬はよく効きました。
白色のクリームでべたつかない。
痒くもならないので、もう1種の薬は使わずに済みました。
4日間くらいでニキビも目立たなくなり、ほぼ完治。

ナジフロクリーム、容器の写真。

ナジフロクリーム IMG_2400

毛嚢炎治療のまとめ

最初から皮膚科に行けばよかったです。
診察時間も短いし、治療費も安い。
病院嫌いの私ですが、病院の見方が変わりそうです。

以上はあくまで、私のケース。
人によって薬も合う合わないがあるでしょうし、完治までの期間も違うと思います。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク