台湾語を独学で勉強するための教材

以前の記事(→台湾語のはじめかた)でも書きましたが、現在、台湾語を独学で勉強中です。

新たによさそうな教材を見つけたのでご紹介します。
『CD BOOK 台湾語会話フレーズブック』

CD3枚付属。(日本語・台湾語・台湾華語を収録)

日本にいながら台湾語と台湾式中国語の発音を勉強できるのはいいですね。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする

コメント comment

  1. Orange より:

    74be16979710d4c4e7c6647856088456
    いいね。台湾語を勉強してくれて嬉しいです。
    難しいのかな^^これからも頑張ってください

  2. お節介じいさん より:

    f40de187529de1e173ea97f4a26b0aa8
    私は若かりし頃、台湾に留学していたことがあるのだが、私が通った学校には方言コース(台湾語・客家語)があった。私は選択科目として、台湾語のほうを一年間ほど学んだ。その時使っていた教科書を、今でも大切に保管している。台湾語の最も難しい所は声調であろう。特に変調の法則が、普通話よりもずっと複雑で分かりにくい。私は老師から、しつこく発音を直された。声調をやっとのことで習得して、授業が中級課程に入る直前で、その学校が突然閉校になった。そこで台湾語の勉強を中止せざるをえなくなった。帰国後は台湾語を話す機会がないので、殆ど忘れてしまった。残念である。その後、マレーシアを旅行する機会があり、台湾語はマレーシアでも通じることが分かった。台湾語は福建語の一種で、福建省の南部や東南アジアの華僑・華人の間でも、話されている方言で、かなり通用範囲が広そうだ。こんなことなら、もっと真面目に勉強しておけば良かったと思っている。

  3. 雪花 より:

    254e74c8e70a2cb7db7b8a80fa44e734
    この教材は私の大切なお友達の著作です。著者は正に台湾と日本を愛する素晴らしい女性です。なんかすごく嬉しいです。

  4. yamato より:

    74be16979710d4c4e7c6647856088456
    > Orangeさん
    はい、台湾語は“国語”よりも難しいですね。
    でも、がんばりますよ。
    台湾語を話せると、台湾人ともっと交流できますからね^^

  5. yamato より:

    74be16979710d4c4e7c6647856088456
    >お節介じいさんさん
    方言コース(台湾語・客家語)はすばらしいですね。需要は少ないかもしれませんが、台湾語には根強いファンがいると思います。閉校は残念です。
    日本人にとって、
    確かに台湾語の声調は特別ですね。
    マレーシアでも通じるというのは初耳です。
    使用できる範囲が広ければ、学習意欲も継続できそうです。
    情報ありがとうございました。

  6. yamato より:

    74be16979710d4c4e7c6647856088456
    >雪花さん
    奇遇ですね。
    台湾語を学習する教科書はまだまだ少ないです。
    でも、この著者はすでに数冊の教材を出版していますね。学習者としてとてもありがたいです。
    よろしくお伝えください。
    私もいつか学習者の経験を活かし、理想的な学習教材を作り、世に貢献したいと考えています。

スポンサーリンク
スポンサードリンク