日台交流が活発化。国会議員も台湾へ

東日本大震災から2ヶ月が経ちました。
困った時の友は真の友。
日台の絆がさらに強くなっているのを感じます。
2011年のゴールデンウィーク、
多くの国会議員が台湾の支援に感謝し訪台しました。
5月4日、
衛藤征士郎・衆院副議長が訪台、馬英九総統らに謝意を伝える。
6日、
自民党の小池百合子総務会長が訪台。
8日、
森喜朗元首相、超党派の日華議員懇談会の国会議員25人が訪台。
八田与一技師を称える記念公園オープン式典に出席。
台湾からは、
4月20日
王金平立法院長(国会議長)らが慰問訪日。
さらに、王金平院長は
日本の観光業を盛り上げるため、
5月12日、
台湾の旅行業者ら約300人とともに
北海道を訪ね、安全性をアピールする。
 
台湾からの義援金は世界一です。
2011年5月8日現在で
58億台湾ドル(163億円)。
ありがとう、台湾!!

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク