東山彰良 台湾生まれの直木賞作家

2015年、直木賞

東山彰良『流』

こういう人がいて、台湾を舞台に小説を書いていた。
それだけで、読む理由になります。少なくとも私にとっては。

台湾生まれの直木賞作家。しびれますね。

内容紹介

青春は、謎と輝きに満ちている――
台湾生まれ、日本育ち。超弩級の才能を持つ「このミス!」出身、大藪賞受賞の異才が、はじめて己の血を解き放つ!

何者でもなかった。ゆえに自由だった――。

1975年、偉大なる総統の死の直後、愛すべき祖父は何者かに殺された。

17歳。無軌道に生きるわたしには、まだその意味はわからなかった。

大陸から台湾、そして日本へ。謎と輝きに満ちた青春が迸る。

友情と恋、流浪と決断、歴史、人生、そして命の物語。
エンタメのすべてが詰まった、最強の書き下ろし長編小説!

著者について

東山 彰良
(ひがしやま・あきら)

1968年台湾生まれ。

5歳まで台北で過ごした後、9歳の時に日本に移る。福岡県在住。

2002年、「タード・オン・ザ・ラン」で第1回「このミステリーがすごい!」大賞銀賞・読者賞を受賞。

2003年、同作を改題した『逃亡作法TURD ON THE RUN』で作家デビュー。

2009年『路傍』で第11回大藪春彦賞を受賞。2013年に刊行した『ブラックライダー』が「このミステリーがすごい!2014」第3位、「AXNミステリー 闘うベストテン2013」第1位、第67回日本推理作家協会賞候補となる。

近著に『ラブコメの法則』『キッド・ザ・ラビット ナイト・オブ・ザ・ホッピング・デッド』がある。

路傍 (集英社文庫) ブラックライダー(上) (新潮文庫)

IMG_0757.jpg
IMG_0756.jpg
IMG_0762.jpg

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク