深夜の余震。震度6弱。また停電。ニモマケズ

ここ数日は、
4月7日:深夜、強い余震。停電。
4月8日:停電。家の片付け。
4月9日:電気回復。家の片付け。
という感じでした。
私の自宅付近は
1ヶ月前(3/11)の地震と同じく
「震度6弱」でしたが、
体感震度は前回より強かったです。
幸い家族ともに無事でしたが、
他の地域では死者・負傷者が出てしまいました。
物の被害は前回よりひどいです。
近所も歩きましたが、
・家の半壊(傾く)
・壁の倒壊
・瓦屋根の破損
・ガラス窓破損
・ブロック塀の破損、倒壊
・道路に亀裂、陥没
など、被害は大きいです。
(写真は後ほどアップします。)
3/11の地震、連続する余震で
ダメージが蓄積されていたのだと思います。
当時の状況をBlogに残しておこうと思います。
2011年4月7日夜11時32分
ベッドで熟睡中だった私は
地震で目が醒め、
(また余震か・・・)と思っていると、
ゴゴゴゴゴ・・・
とても強い揺れに変わったので、
逃げる体勢をとりました。
結局、部屋の外に出る前に
揺れが止んだのですが、
部屋の中が滅茶苦茶になりました。
1ヶ月前(3/11)よりもひどい状況です。
押入れが開き、中のものが飛び出しました。
また、
本棚から落ちた大量の書籍で、
足の踏み場がなくなりました。
デスクの上からはパソコンモニター、デジイチが落下してしまいました。
停電です。
懐中電灯を手にして
自分の部屋を出ると、
他の部屋もひどい状況です。
ドアが外れた部屋が3部屋あります。
茶の間では
・茶箪笥(タンス)
・グラス収納棚
・テレビ
が倒れています。
蛍光灯が外れかかっています。
台所では
食器が落下し壊れています。
廊下は
物置から飛び出した大量の物でふさがれています。
風呂場では
壁のタイルが剥がれ落ちています。
納戸でも
床に落ちた物が散乱しています。
家中を
埃・塵が舞っている状態です。
ラジオをつけて情報収集。
震源地は宮城県沖。
マグニチュードは7.4(後に7.1に訂正)
私の住む地域は震度6弱。
沿岸では
すでに50cmの津波が観測されていました。
家の中がひどい状況でしたが、
深夜で停電でもあるので、
とりあえず
足の踏み場のない自分の部屋へ戻って寝ました。
(せっかく片付けが終わって、安定してきた生活だけど、またやりなおしだな。まあ、やるしかないな。)というような心境で眠りにつきました。
翌朝からは
家族みんなで家の中を片づけました。
街の様子も写真を撮りながら被害状況を確認しました。
そのときの様子は別の記事にしたいと思います。
沿岸部の避難所の方々もきっと怖い思いをなさったと思います。
また、1ヶ月前の津波が脳裏をよぎったのではないかと思います。
何度地震が来ようと、乗り越えるしかない。
雨ニモマケズ/風ニモマケズ
そんな心境です。
日本中、世界中の皆様からご支援をしていただいていますので、大丈夫です。
台湾の友人が教えてくれたYoutube動画です
(香港のチャリティーのようです。)
ありがとうございます!!

歌詞:宮沢賢治『雨ニモマケズ』

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする

コメント comment

  1. 茶々 より:

    74be16979710d4c4e7c6647856088456
    すごかったとは聞いていましたが、こんなにひどい状況だったのですね。
    東京でも強い余震が起きるといわれているので、他人事ではありません。うちでもいろいろ準備はしていますが、実際に起きたら、身一つで逃げるのが精一杯かもしれません。

  2. yamato より:

    74be16979710d4c4e7c6647856088456
    はい、とても強い余震でした。
    そして、停電が長くなるとやはり厳しいです。
    今後、強い余震がないことを祈りますが、来ることを前提にした茶々さんのような準備がしばらくは必要ですよね。
    私も気を抜かずに生活していきます。
    お互い気をつけましょう。

スポンサーリンク
スポンサードリンク