台湾鉄道新竹駅と日本建築。レトロな外観と駅舎内

台湾の新竹駅に行ってきました。
(日本っぽい建築物だなあ)
と思っていたら、日本人建築士による設計だそうです。
台湾は日本統治時代の建築物を大切に保存してくれているので、こういうものを目にする機会が多く嬉しい限りです。

台鉄 新竹駅とは

新竹驛(しんちくえき)は、台湾新竹市東区にある台湾鉄路管理局縦貫線と内湾線の駅である。駅区分は一等駅である。
現駅舎は、日本人建築家の松崎万長が日本統治時代の台湾総督府鉄道局に勤務していた時に設計した作品で、1913年3月31日に完成し台湾で現存している最古の駅舎である。
1994年から台湾の学者、複数の有志者達の呼び掛けや保存運動の展開により、1998年6月22日に台湾の重要文化財と指定された。

出典:Wikipedia

新竹駅の写真

外観

レトロ感漂う新竹駅

新竹駅 IMG_9557

IMG_9565 IMG_9566

IMG_9568 IMG_9569

駅舎内

待合室には多くの乗客がいた

IMG_9570 IMG_9573

駅周辺

駅前広場

IMG_9542 IMG_9577

駅から道路を渡ると大きな広場があり、地元民の憩いの場になっている。

新竹駅前の広場

新竹駅前にあるSOGOデパート

IMG_9578 IMG_9579

市バスを待つ地元の人

IMG_9580 IMG_9582

以上、5年くらい前の旅日記。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク