グレイハウンド。アメリカ長距離バス、ネットで予約

アメリカ旅行の準備中。
観光する場所を決めたら、そこまでの移動手段を調べないといけない。
アメリカ国内の長距離バスをインターネットで予約してみた。

グレイハウンドBusとは

ネット検索していたら、グレイハウンド(Greyhound)というバス会社を見つけた。

グレイハウンド(Greyhound Lines,Inc.)は、アメリカ合衆国で最大規模のバス会社である。また、同社が運行する長距離バスそのものを指すこともある。
アメリカ合衆国全土(アラスカ州とハワイ州を除く)とカナダ、及びメキシコの一部の都市を結ぶ膨大な数の路線を持ち、アメリカ合衆国内においてだけでも3,100路線以上が存在する。

1913年にミネソタ州ヒビングにて設立され、1926年にグレイハウンド・コーポレーションとなる。
現在はテキサス州ダラスに本社を構えている。
社名、およびロゴマークはドッグレースにおいて最も速い犬種であるグレイハウンドに由来する。

出典:Wikipedia

バス予約

英語のサイトだが、難しい単語はないので簡単に予約できた。

→ Greyhound(公式サイト)

必要なもの

  • 乗る場所の地名、降りる場所の地名
  • 乗車日
  • クレジットカード

支払い

クレジットカード決済
予約した数日後に、クレジットカード会社から「カードを使用した」というメールが来た。
つまり、乗車前にカードでの支払いが完了することになる。

乗車券の印刷、受け取り

インターネットでバスを予約した場合、乗車券はどうやって受け取るのか。
二択だった。
予約画面でどちらかを選ぶ。

  1. 自分で印刷して持参
  2. 乗車前にカウンターで受け取る

私は自分で印刷することにしました。

予約確認メール

グレイハウンドからの予約確認メール。
インターネットで予約を確定したらすぐに来ると思っていたのだが、メールが来たのは翌日だった。

バス停の場所

グレイハウンドのバス停の位置も、予約した後に確認ボタンが出てくるのでクリックすれば地図を見ることができる。
カウンターの営業時間も書いてあるので便利。
住所も出ているのでグーグルマップで確認することもできる。

例えば、私が行く予定のフラッグスタッフ(Flagstaff)を見てみよう。
→ フラッグスタッフのGreyhoundバス停

グレイハウンドの評判

グレイハウンドの評判がネットにのっていた。
以下のような酷評が多い。

  • 時間どおりに運行しない
  • スタッフのサービス態度が悪い

実際にあった例として、バス停アナウンスが小さすぎて乗り過ごしてしまった乗客とそれに同情する他の乗客たち、それをぞんざいに扱う運転手の対立が書かれてあった。

すべて英語で書かれているので、アメリカ人の評価だろうか。
褒めている評価がまったくないので、やや不安になる。

移動できればいいと割りきって乗ることにしよう。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク